ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在の位置
ホーム
村政情報
村長室より
2011年
村長室より2011年1月号

村長室より2011年1月号

更新日:2010年12月27日

村長室より2011年1月号.jpg

H22年国勢調査速報。子育て支援政策の展開と若者定住化促進住宅整備は効果絶大!

県内40市町村の中で増減率表示から第3位!世帯数ではダム建設により21.5%増へ!
今後とも行政・議会一同、和の心を持って新しい政策の展開へ努力します。

 これからも、村民みんなで自分たちの村では、新しい政策展開によって人口減少を最大限食い止めていることをしっかりと認識すると共に、住民・行政・議会が信頼関係をもって建設的な意見などによる様々な情報を共有しなければなりません。

 右記の表は、H22年国勢調査速報で人口減少の幅が小さかった自治体の人口及び増減率のランク表です。わかりやすく例えますと、今回青森県人口は全体で137万3200人であり、前回のH17年調査時の143万6657人より6万3457人も減少している中、西目屋村では、5年間という長い期間の推移で あるにもかかわらず、減少率が0.2%であり、僅か3人の減少でおさまっていることが理解できます。この結果は村民皆様からの定住促進と子育て支援対策に対するご理解の賜物であり、心から感謝を申し上げる次第であります。

 これらのことからもわかることは、村民が必要としている身近な事業もしっかりとやりながらも、事業に選択と優先度をつけながら、他自治体に先駆けた様々な新しい政策展開に努力し、そのことによって結果として実績となり評価されていることが村民皆様にご理解いただけるものと確信しております。

このページのトップへ