ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在の位置
ホーム
村政情報
各課からのお知らせ
総務課
西目屋村制施行130周年記念ロゴマークの決定について

西目屋村制施行130周年記念ロゴマークの決定について

更新日:2019年07月08日

130周年     ロゴマーク【四角基本形カラー】.jpg

西目屋村は明治22年に村制を施行し、平成31年4月に村制施行130周年を迎えます。これを記念して、村民が本村の伝統や魅力を再認識し、魅力を広く発信することで、この村に誇りと自信を持ち、村のさらなる発展に向けて機運を醸成することを目的として、記念ロゴマークを制作しました。今後、村の印刷物やホームページなどで活用し展開していきます。

デザイン説明

好きです西目屋ふるさと親善大使吉幾三さんが作詞、作曲した西目屋村応援歌「白神が故郷」の歌詞である~朝日に目覚める鳥~を引用し、世界遺産白神山地、津軽白神湖に朝日が昇り、目屋渓谷鷹ノ巣にいる鷹が羽ばたく様子をイメージしています。これまで明治、大正、昭和、平成を歩み、積み重ねてきた村の歴史や先人たちの功績、さまざまな魅力を再認識し、令和の時代へとつなぎ、村民がこの村に誇りと自信を持ち輝ける村としてさらなる発展への願いが込められています。

この記事のお問い合わせ先

総務課 電話 0172‐85‐2111

このページのトップへ