ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在の位置
ホーム
くらし・手続き
環境・住まい・交通
移住
お試し居住事業

お試し居住事業

更新日:2019年06月20日

 西目屋村は、移住希望者に対して、一定期間、村での生活を体験できる機会を提供するため、村の宿泊施設の空室を活用しお試し居住事業を実施します。

お試し居住施設の場所

 グリーンパークもりのいずみやすらぎの館(西目屋村大字村市字稲葉213番地1)

対象者

(1)村に移住定住を希望している方

(2)村内で就労している又は就労予定の単身者

※次に掲げる者は、施設を使用することができない。

(1)旅行や湯治等単に宿泊を目的に施設を使用すると認められる者

(2)村内に居住する住家等があると認められる者

(3)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員

使用申込み

お試し居住を希望する方は、西目屋村お試し居住施設使用申請書(様式第1号)に本人確認書類(運転免許証等)を添えて申請してください。

使用期間

1週間以上3か月以内とします。

使用料

使用料:1か月 20,000円

維持管理費:1か月 5,000円

※使用期間に1か月未満の端数がある場合は、日割り計算により算出(10円未満切り捨て)

遵守事項

(1)外出時又は就寝時に施錠する等施設を善良に管理し、鍵を紛失したときは、速やかに管理者にその旨を報告すること。

(2)火気の取扱いに注意するとともに節電及び節水に努め、備え付けの備品、什器類等を適切に取り扱うこと。

(3)前2号に掲げるもののほか、施設の利用に関し、村長又は管理者が遵守する必要があると認める事項

行為の禁止

(1)排水管を腐食させるおそれのある液体又は詰まらせる原因となるものを流すこと。

(2)物品の販売、寄附の要請その他これに類する行為を行うこと。

(3)展示会その他これに類する催しを開催すること。

(4)宗教の普及、勧誘、儀式その他これに類する行為をすること。

(5)他の使用者及び施設の利用者並びに近所の住民に迷惑を及ぼす行為をすること。

(6)犬、猫その他猛獣、毒蛇等の動物を飼育すること。

(7)楽器、テレビ、ステレオ等の音を異常に大きく出すこと。

(8)施設の全部若しくは一部を転嫁し、又は権利を譲渡すること。

(9)前各号に掲げるもののほか、施設の使用にふさわしくない行為をすること。

立入り

施設の防火、構造の保全その他の管理上特に必要があるときは、村又は施設管理者の職員を、施設に立ち入らせることができるものとし、使用者は、当該立入りを拒否し、又は妨げてはならない。

この記事のお問い合わせ先

政策推進室 電話85-2111

このページのトップへ