ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在の位置
ホーム
くらし・手続き
保険・年金
年金
国民年金

国民年金

更新日:2009年03月03日

日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の全ての人は、国民年金に加入しなければなりません。

加入の対象者

第1号被保険者

加入者

自営業、農業、学生、アルバイト、無職の人など

手続き

加入者自身が役場で行います。

保険料の納入方法

加入者自身が納めます。

第2号被保険者

加入者

会社員、公務員など

手続き

勤務先の事業所が行います。

保険料の納入方法

勤務先の厚生年金、共済組合などの年金制度から納められます。

第3号被保険者

加入者

会社員、公務員(第2号被保険者)の扶養家族になっている配偶者

手続き

扶養者の勤務先の事業所が行います。

保険料の納入方法

扶養している人(第2号被保険者)の加入年金制度から納められます。

主な届出

20歳になったとき(加入時)

  • 印鑑
  • 学生は学生証の写しまたは在学証明書

会社員や共済組合員でなくなったとき

  • 印鑑
  • 年金手帳
  • 退職年月日のわかる書類

会社員である配偶者の扶養からはずれたとき

  • 印鑑
  • 年金手帳
  • 扶養の喪失日のわかる書類

任意加入するとき

  • 印鑑
  • 年金手帳

会社に就職するとき

  • 印鑑
  • 勤務先の健康保険証

年金を受給している人が死亡したとき(未支給年金請求)

  • 印鑑
  • 年金手帳
  • 請求者の預金通帳
  • 戸籍謄本
  • 住民票など

転入したとき

  • 印鑑
  • 年金手帳

転出するとき

  • 印鑑
  • 年金手帳

保険料を納められないとき(免除申請、学生納付特例申請)

  • 印鑑
  • 年金手帳
  • 学生は学生証の写しまたは在学証明書

住所、氏名が変わったとき(合併による住所変更は手続き不要)

  • 印鑑
  • 年金手帳

年金手帳を無くしたとき

  • 印鑑

年金を請求するとき

  • 印鑑
  • 年金手帳
  • 本人名義の預金通帳
  • 戸籍謄本
  • 住民票など
このページのトップへ